ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。

一般質問通告など

 午前、12月議会一般質問通告書作成・提出。次の2項目を質問することにしました。
 1「会計年度任用職員」制度について 
 2 同性パートナー等の「パートナーシップ公的認証」について

 午後、ふじみ野市勤労福祉センターで第16回入間郡市人権フェスティバル。人権教育・啓発促進入間地区実行委員会委員長として出席しました。大場久美子さんの講演もさることながら、オープニングでトイピアノコンサートをされた畑奉枝さんの演奏とお話が素晴らしく、ご著書「いつか涙を光にかえて」を購入しました。これから、ゆっくり読ませていただきます。

 夕刻、第38期労働大学埼玉西部講座開講。第1回の今日は「公共交通を守る交通政策の実現を」。講師は私鉄関東地連の原島賢治調査部長です。私も実行委員長としてあいさつしました。「労働者としての、ものの見方、考え方」について、短い時間でしたが、一生懸命話させていただきました。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

介護保険の基礎知識を学びなおす

 午前、「郡山の子どもたちと遊ぶ会」現地交流報告印刷。社会新報配達。
 
 午後、日高市総合福祉センター「高麗の里」で、埼玉退職教職員協議会入間支部第15回福祉学習会が行われました。テーマは「老々介護と向き合う」。日高市のケアマネ大竹文代さんのお話をうかがっています。私を含め、近未来を考えながらの受講。参加者から「うーん」とか「ほう」とか「うわあ」とかいう声が上がりました。

 個人的に高齢化とどうつきあうか。この制度をどう維持すべきか。現政権のお金の使い方は根本的におかしいのではないか。など、いろいろなことを考えさせられました。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

青年消防団員に「乾杯」!



 朝、坂戸市民チャリティマラソン大会開会式に参列。参加する小学1年生の孫とそのファミリーを残して急いで帰宅。

 午前、9時から私の住む北大塚区の自主防災訓練であいさつ。そして、地元消防団の青年たちと女性部のみなさんから、救急救命、消火器の使用、担架での移送訓練などを教えていただきました。今年は、子どもたちの参加があり、来年度以降さらに増えてくれるといいなあと思いました。炊き出し訓練の豚汁と、アルファ米おにぎり、とてもおいしかったです。ご苦労様でした。(写真上)

 午後、毛呂山岡野町議と事務打ち合わせ。その後、坂戸グランドホテルで行われた「入西分団消防操法大会10連覇祝賀会」に出席しました。午前の防災訓練をしてくださったメンバーとも再会、気持ちの良い「乾杯」をしました。生業を持ちながら、地域の防災安全のために「最強の」消防団を維持してくださっている皆さんに、心から感謝しています。(写真下)
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

無料相談会は私たちの財産づくり

 午前、「郡山の子どもたちと遊ぶ会」視察報告まとめ。
 午後、オルモで月例無料法律・年金・市民生活相談会。今日の相談は2件。それぞれ私にとって勉強になる相談でした。秋山誠弁護士も「快刀乱麻を断つ」明快な受け答えをしてくださいました。一期一会。沖縄のことわざを借りれば「いちゃりばちょーでー」。一回だけの相談で終わりではなく、これからも継続して、いつでも話に来ていただきたいです。
 夕刻、息子ファミリー来訪。明日の坂戸チャリティマラソンに、小1の孫が出場します。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

11.26は、大宮駅西口へ!


 パソコンを持ってないサイバー法案担当桜田五輪相が「絶対ハッキングされない最強のセキュリティーを備えた担当大臣」とフランスやタイなどの報道機関で揶揄されています。
 しかし、彼や片山大臣らを利用して森友・加計疑惑から国民の関心をそらし、沖縄基地建設を強行し、原発を再稼働し、「壊」憲の準備を進める。あるいは、移民問題、水道民営化をはじめとする「とんでも」法案の強行採決をもくろんでいるようにも感じられます。「全員野球内閣」ですから。

 もうすぐ坂戸市議会12月定例会も始まりますが、国会の動きからも目が離せません。

 11月26日午後6時30分から、大宮駅西口前で大きな集会が予定されています。9条こわすな・戦争させないオール埼玉総行動。ゲストスピーカーは法政大学教授の山口二郎さん、社民党からは福島みずほ副党首が連帯挨拶を行います。私は17時ごろから、行ってます。

 大宮駅西口を「安倍9条改憲反対」の人垣で埋め尽くしましょう。

 12月の活動予定をアップしました。
 武井誠メールマガジンを発信しました。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「あの素晴らしい本をもう一度」(^_^)v

 青年労働者との学習会を月1回のペースで続けてきました。テキストは小島恒久著「経済学入門」。コツコツ続けて、あと2回というところまでこぎつけました。
 今日の学習会のあと、次のテキストを何にするか相談したのですが「途中から参加した人も多いので、もう1回最初から読み直そう」という提案があり、賛同者が多く決定。
 なるほど、そういうやりかたもあるのかあ、と「目からうろこ」でした。
 私も、もう1回、勉強しなおします。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「グレイテスト ショーマン」に感動

 午前、春日部で県私鉄労働組合定期大会であいさつ。
 午後、浦和の社民党県本部で打ち合わせ。
 夕刻、川越で前川喜平さんの憲法講演会実行委員会。

 昨夜、娘夫婦の家から借りてきたミュージカル映画「グレイティスト ショーマン」のDVDを観て、いたく感動しました。おすすめです。本当に多くのことを考えさせられました。ちなみに、娘は、重度の障害を持った人たちの施設の看護士をしていますが、職場の仲間と、入居者の方たちとの忘年会(?)のアトラクションで「ディス・イズ・ミー」を歌い、踊るのだそうです。グッド・チョイスだと思います。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

排泄に関する正しい知識を知ろう


 11月30日、上記の学習&交流会が開催されます。
 私の母や、妻の父をみとった時にお世話になった、そしてこれからも妻の母のことなどで、お世話になりそうな介護者サロン「結・結」を開催する「介護者支援の会さかど」の主催です。
 「名ばかり」会員で、このごろご無沙汰しているお詫びもかねて、スタッフの仕事を分担させていただくことになりました。定員は先着40名とのこと。お申し込みは、お早めにどうぞ。

 チラシの拡大表示はこちら(PDF)
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

道徳の教科化に反対です 2

 午前、社会新報配達。
 午後、武井誠活動報告ポスティング。
 夕刻、春日部の社民党東部ブロック会議出席。
 
 昨日の続きです。池田教授の記念講演のポイントを私なりにまとめてみました。

・心の状態を公教育が扱い、まして「評価のまなざし」を向けてよいのか。
・「内心」に介入しない道徳の授業がつくれるか?
・人権教育の視点から道徳教科書の教材を、教材化しなおすことは可能か。
・道徳的判断は具体的で個別の生活の中で実行される。
・人間関係のありようと深く関連し、体系化できるような一般性はない。
・記述式だろうと良いところの評価だろうと問題は評価することそのものにある。
・うまく伝わるように話す、書く能力にたけた子どもが有利になる。
・2002年「健康増進法」で健康が権利から義務に。予防的観点。生活習慣病。
・「道徳の教科化」で、いじめや犯罪を予防? 心が国家の管理下に。
・人権教育は、どのような社会体制が望ましいか等も考えていく。
・人権課題が思いやりや優しさといった道徳的価値の学習によって解決する印象。
・弱者が権利を主張し立ち上がるといった争議性のある場面は回避。
・差別的な関係は、そのまま温存。

 いかがでしょうか。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「道徳の教科化」に反対です


 今日のレポートは2本です。2本目。

 今日は、県立志木高校で埼玉教育研究集会がありました。記念講演は「『特別の教科 道徳』の問題点はどこか」講師は中央大学の池田賢市教授でした。以前から約束していた地域の行事のために、お聴きすることができなかったのですが、今、配布された講演内容を読ませていただいています。

 やはり、道徳の教科化は大問題だと思います。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
このページは384ページ中の1ページ目です。>>
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア