ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。

森戸の廃棄物(フレコンバック)置き場


 市民の方からの連絡・苦情を受け、森戸地区の廃棄物(フレコンバック)の状況を見てきました。緊急な対応が必要と感じました。市の環境政策課、東松山の環境管理事務所と連携して取り組みます。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

9・18さようなら原発集会


 昨日は、久しぶりに日比谷野音へ。
 9・18さようなら原発首都圏集会が開催されました。
 主催者あいさつ、落合恵子さん。飛び入り参加、佐高信さん。そのあと原発訴訟、六ヶ所村再処理工場問題、東海第二原発再稼働問題、気候変動と石炭火力発電所問題、汚染土の農業への「再利用」、それぞれの当事者のみなさんから切実な訴えがありました。福島第一原発事故被災者を切り捨て、原発再稼働をもくろむ「アベ政治」を引き継ぐ「スガ政治」も許さない、という決意が参加者に共有されました。距離をあけていることもありますが、会場いっぱいの参加者となった参加者。集会後は夜の銀座をデモ行進しました。

 友人のフェイスブックから、本人の許可を得て、レポートを転載します。

 久しぶりに夜の銀座をデモしました(^_-)-☆
 日比谷野音で開かれた「9.18さようなら原発首都圏集会」には1300人が参加。
 集会後は、サイレントデモ。大きな梯団でのデモは半年ぶりかな。
 東電本店前では自然に「東電は責任取れ!」「福島返せ―!」の声が沸き起こる。
 コロナのためか銀座通りもいつもの賑わいはいまだ戻らずの感じでした。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

一般質問終わる

 坂戸市議会は、市政一般質問3日目。わたしを含む3人の議員が質問をしました。市長をはじめとする執行部の答弁については、整理して後日報告します。
 
 私の1回目の質問原稿です。
 
 5番、武井誠です。通告に従い市政一般質問を行います。

 初めに、新型コロナウイルス感染症対策について質問します。新型コロナウイルス感染症の拡大が続いています。日本赤十字社は「感染状況等の実態がわからないため、人々の心に不安が広がり、不安が差別を産み、差別を恐れて熱や咳があっても受診をためらい、それが実態の把握や対策の実行をさらに困難にする」という悪循環を指摘しています。多面的な対策が求められていますが、まず重要なのは、PCR検査の拡大による現状の把握と、感染が明らかになった人へのていねいなケアであると考えます。
次の2点について質問します。
 ・本市の新型コロナウイルス感染症の現状について     
 ・新型コロナウイルス感染症対策の推進について

 次に、水と親しむ環境づくりについて質問します。
 海、川、プールなど、水と親しむ環境のあることは、ストレスの解消や心身の健康増進、スポーツの振興、水の大切さや自然環境保全への注意喚起など、市民にとって重要なことです。特に、子どもたちにとって水泳などの体験は重要で、小・中学校の体育の授業にも水泳が取り入れられてきました。
しかし一方で、プール施設等の老朽化、災害対策や事故対策との両立などいくつかの課題があります。
そこで次の4点について質問します。
 ・水と親しむ環境づくりの基本的な考え方について
 ・市内小・中学校プールの現状と対策について
 ・坂戸市民総合運動公園プール等の現状と対策について
 ・高麗川、越辺川の活用について
  
 以上をお伺いし、一回目の質問といたします。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

坂戸市パートナーシップ宣誓制度、まもなくスタート

 性的少数者である二人が、市長に対してパートナーであることを宣誓した宣誓者を提出し、市が受領書と受領カードを交付する「坂戸市パートナーシップ宣誓制度」が10月1日から始まります。
 
 2018年6月議会で、請願の紹介議員になってから2年余、これまでの道のりを思うと、感無量です。でも、これがまた新しいスタート!

 こちらをご覧ください。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

名言と失言と


 今日の東京新聞夕刊、1面に大きく大坂なおみ選手全米オープン優勝の記事「反差別 マスクで貫く」。感動しました。インタビューに答える「みんなが議論を始めてくれればいい」と訴え「あなたはなにをうけとめてくれましたか?」というコメントも、本当に素晴らしかったです。

 同じ1面左肩に「菅新総裁 午後選出へ」の記事。

 しかし、この間の菅氏のコメントはひどかったです。「自衛隊は憲法で認められていない」とか「政府として憲法改正に取り組む」とか「消費税率は上げざるをえない」とか。そして、すぐに訂正したり補足したり。

 大坂なおみさんのコメントと対照的でした。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

優先順位が・・・

 今日の、読売新聞に掲載された記事の要約です。

 山形県衛生研究所(山形市)は今年7月、人に感染する7種類のコロナウイルスのうち、風邪の症状で流行する従来のコロナウイルス4種類は、冬に突出して流行するという論文をまとめた。10年間にわたる研究で、季節性があることを実証した。新型コロナも同様の傾向を示す可能性があり、医療関係者は秋以降、季節性のインフルエンザウイルスとの同時流行に備える必要があると指摘している。
 同研究所の水田克巳所長は「4種類は季節性コロナと言える。構造が同様の新型コロナも冬季に流行する可能性はある」と指摘する。同講座の本郷誠治教授(ウイルス学)によると、冬場は空気が乾燥し、くしゃみやせきなどの飛沫ひまつを介して感染するウイルスは、飛沫の水分が少なくなり軽くなるため、遠くまで拡散する。ウイルスを体から排出する鼻や喉の動きも、寒さや乾燥でにぶくなるため、一般的に冬に流行しやすくなるという。
 政府はインフルエンザとの同時流行に備え、二つのウイルスの検査を可能とする検査体制の整備を目指す方針だ。
 水田所長は「現在は感染が落ち着いている県内でも例外ではなく、検査体制を準備する必要がある」と話している。


 一刻も早い検査や感染者へのケアの準備、体制作りが必要です。生活困窮者への支援も喫緊の課題です。私の身近なところでも差別的ないさかいが増えています。虐待やストレスで学校に来れない子も増えています。

 選挙よりも、オリンピックよりも、GOTOキャンペーンよりも先にやらなければならないことが山積していると思います。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

ありえない! まして退くものが!


 午前、社会新報配達。
 午後、オルモでの無料法律・年金・市民生活相談。好評のうちに無事終了しました。弁護士の秋山誠先生ありがとうございました。

 敵基地攻撃能力「必要」との安倍談話を許すことができません。明らかに憲法違反です。しかも、議論すべき国会は開かれない、これも憲法違反です。病気のために正常な判断ができないという理由で辞任を表明したのではなかったのか。
 こういうことをしないか、仮病だったことを白状するか、どちらかの選択をすべきでしょう。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

明日は無料法律相談会

 午前、議会による事業評価、協議。
 午後、市政一般質問準備など。
 夜、入西地域交流センターで人権講座。

 明日は、無料法律等相談です。13時からオルモ。法律相談は16時30分の枠が1つ空いています。年金相談担当の社労士さんが所用で欠席となってしまいましたが、もし相談があればお伝えし、SNS等での回答も可能です。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

事業評価シートを提出

 坂戸市議会は環境都市常任委員会。私たちの会派「立憲民主・社民の会」からは弓削議員が委員として出席。私は、昨日の市民福祉常任委員会の質疑を受けて、議会による事業評価の個人評価シートを作成して事務局に提出しました。

 明日はその話し合い。出生世帯向け商品券交付事業、老人クラブ活動支援事業、学童保育所整備事業についての評価を決定します。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

市民福祉常任委員会・分科会

 9時開会、午後4時過ぎまで付託された議案や、昨年度の決算、補正予算の所管部門についての審査を行いました。

 多くの質疑が行われました。私は、国際交流事業、戦没者追悼式、城山荘の利用、学童保育、介護保険などについて質疑しました。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

委員会で条例案「可決すべきもの」と

 坂戸市議会は、総務文教常任委員会・及び分科会が行われました。
 末広幼稚園を廃園にする「坂戸市立幼稚園設置条例及び坂戸市立幼稚園授業料徴収条例を廃止する条例」は多くの質疑、討論がありましたが、採決の結果賛成多数で可決すべきものと決しました。これにともなって「末広幼稚園の存続に関する請願書」は不採択とみなされました。

 私たち「立憲・民主の会」は廃園に反対し、私は請願の紹介議員にもなりました。委員会では中村ひろし議員が反対討論を行いました。最終日の本会議で採決をされます。私は反対討論を準備しています。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

明日は総務文教常任委員会

 終日、委員会質疑や一般質問について執行部と話し合い。
 夜、原爆絵画展実行委員会。

 明日は、総務文教常任委員会です。坂戸市立幼稚園を廃止するための条例について話し合われます。私たちの会派の委員である中村委員が質疑します。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

マスコミの大罪

 朝、複数の新聞や報道番組を見て暗澹たる気持ちになりました。

 「アベ政治」を引き継ぐと明言する菅官房長官へのバトンタッチが既成事実のような状況になっています。世論調査では、辞任表明の直前に比べて安倍内閣の支持率が20%も上昇しました。

 私は(ほんの一部を除く)テレビや新聞などのマスコミが、世論を操っているように思えてなりません。

 「ちゃんとした判断ができないから」と辞任を表明した安倍首相が「敵地攻撃能力」の保有を認めるような新たな指針について談話を出すとのこと。そういうことについて正しい判断ができない可能性があるから辞任したのではなかったのか。診断書も出されないなか「本当に潰瘍性大腸炎なのか?」という声がありますがそんなことは取り上げられません。逮捕された河井夫妻と菅氏らとの関係についても報道されません。

 何もチェックされないまま「アベ政治」への疑惑がすべてうやむやにされ、闇に葬り去られようとしています。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

川とのおつきあい


 私たちが、川について考えるときには3つの視点があります。洪水対策などの「治水」、農業用水などの「利水」、そして「親水」。残暑の中、高麗川で水遊びをする子どもたちや、超大型台風接近のニュースを観ながら、いろいろ考えさせられました。

 これから1本、新聞の原稿を書きます。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

議案質疑など

 午前、議会運営委員会。本会議で議案質疑。委員会付託。
 午後、予算決算常任委員会。会派代表者会議。質疑、一般質問ヒアリング。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
このページは298ページ中の1ページ目です。>>
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア