ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。

議案質疑など

 10時から本会議。13時30分くらいまで議案質疑と委員会付託。そのあと予算決算常任委員会、議会運営委員会など。来週は3つの常任委員会が開かれます。

 27日 9時 環境都市常任委員会
 28日 9時 市民福祉常任委員会
  1日 9時 総務文教常任委員会 です。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

一般質問通告

 一般質問の通告をしました。今議会、一般質問をするのは13人、私は5番目でした。

 質問事項1 原発事故の教訓について
 
 東日本大震災における福島第一原子力発電所事故はいまだ収束せず、埼玉県内への避難者は今もなお3300人を越えます。事故後、国内外で省エネと自然エネルギーへの転換の動きがみられる一方、原発の再稼働も始まっています。
 そこで、次の3点について質問をします。

 (1)原発事故から学んだことについて
 (2)被災者支援について
 (3)将来のエネルギー政策について

 質問事項2 落ち葉の処理について

 晩秋から初冬にかけて、色づく木々の美しさは市民の目を楽しませてくれる一方、落ち葉の処理が大変です。特に、年々体力的に厳しくなっているという高齢者の声が届いています。
 また、県内においては、家庭ごみの資源化、減量化を目指し、落ち葉の再利用を始めている自治体もあります。
 そこで、次の2点について質問をします。

 (1)落ち葉処理の支援について
 (2)落ち葉の資源化、減量化について
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

一般質問通告を作成

 私の所属する総務文教常任委員会以外の議案、予算について各部・課に詳しい説明を求め、議員控室で話を聴きました。

 夕方、毛呂山で岡野つとむ町議の「春の集い」の相談。そこで、毛呂山町の小中学校をすべて小中一貫校にしていくという計画の概要を見せてもらいました。越生町でも同じ動きがあるとのことです。ていねいな検討が必要だと思います。

 これから、一般質問の通告書を作成します。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

坂戸市議会3月定例会 開会

 9時、議員全員協議会。
 10時、本会議、市長施政方針演説など。
 11時、議会だより編集委員会。
 
 午後、社会新報配達。
 夕刻、東武鉄道労組東上支部労働学校で講演。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

行動あるのみ

 午前、社会新報配達。9条改憲反対3000万署名チラシ新聞折り込み依頼。(下写真)
 午後、社民党の宣伝カーで3000万署名街宣行動。
 夕刻、労組青年組合員と「経済学入門」学習会。
 夜、社民党埼玉西ブロック会議。

 明日から、坂戸市議会3月定例会が始まります。

 チラシの拡大表示はこちら
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

引き継ぎ、引き継ぐ

 午前、青年組織の定期大会に参加、社民党県連合を代表してあいさつ。時間の許す限り、話し合いにも参加させていただきました。

 午後、40年以上前に、その青年組織の委員長も務められた山耕一郎さんを偲ぶ会に参列。

 受けとったバトンを次世代に渡す責任を自覚する、忘れられない日になりました。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「日本と再生」 いい映画です!

 郡山の子どもたちと遊ぶ会のスタッフを中心とする実行委員会主催の、映画「日本と再生」上映会を入西地域交流センターで開催しました。

 実行委員みなさんの努力の甲斐あって、200人近い方に鑑賞していただきました。「よい映画だった!」とたくさんの方がアンケートにお書きくださいました。原発再稼働を求める意見書に賛成した埼玉県議会議員の人たちに、ぜひ観てほしい映画でした。

 ホームページはこちらです。予告編だけでもぜひご覧ください。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

農政の重要性と危機を再認識

 議案説明会2日目。3つの部の説明を、9時から午後2時半くらいまで聴きました。
 
 夕刻からは、浦和のコミュニティセンターで「食・みどり・水と環境を守る埼玉県民会議第26回定期総会・学習会」。守屋議長のあいさつの後、澤田事務局長から活動報告や今年度の運動方針の提案がされ、拍手で確認されました。農産物種子法、水道事業民営化の危険性、TPP交渉内容についての学習、森林整備の推進、地産地消による国産材の利用拡大、学校給食への地場産品の導入促進、有機農業への転換、そして食品に対する放射能対策と規制強化など。あらためて、農政の大切さについて考えさせられる会でした。(下写真)

 話しているのが沢田武司事務局長、隣が守屋徹議長です。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

山城博治さんのように生きたい!

 9時から16時近くまで、執行部による議案説明「勉強会」。今日は総務部、市民健康部、福祉部、総合政策部。明日は、環境産業部、都市整備部、教育委員会です。

 夜、浦和で開催された沖縄平和運動センター議長、山城博治さんの講演会に参加しました。いつもながらの「山城節」。厳しく名護市長選挙の総括を行いながらも、常に前を見て、次の闘いを準備し、明るく周りの人たちを巻き込んでいく山城さんに魅了されました。改めて、彼のように生きたい!、と心から思いました。

 講演の結びの訴えは「若者たちに語りかけよう」でした。同感です。私も、がんばります。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

埼玉県議会の原発再稼働を求める意見書に抗議

 午前、水道企業団議会。来年度予算をはじめとする全議案を全会一致で可決しました。
 午後、社民党自治体議員団全国会議第71回定期総会と、2018年度予算地方財政計画学習会。北関東ブロックからの選出で常任幹事になりました。
 夕刻、降雪のために延期されていた社民党川越総支部「新春の集い」。県連合代表としてあいさつをしました。

 さて、原発再稼働に反対する埼玉連絡会から、県議会議長あての「国内のすべての原発について再稼働させないことを国に求める請願」が届いています。一人でも多くの方が請願者に加わってくださることを願うものです。ただ、時間がありません。以下、事務局の白田さんからのメールです。

 2月8日の会議で話し合った結果、
 「再稼働を求める意見書」に上書きするような形で、
 「国内のすべての原発について再稼働させないことを国に求める請願」を
 提出することになりました。
 一人でも多くの方に請願者となっていただきたいと思います。
 正式な請願ですので、直筆で住所・名前を書く必要があります。

 請願署名用紙を添付しますので、ご自身でプリントアウトしたうえで、
 お手数ですが、2月19日必着で郵送してください。

 署名用紙はこちらです。(PDF)

 請願者にはどなたでも(県外の方も)なれます。
 多くの方に請願者に加わっていただけますよう、
 よろしくお願いいたします。

 郵送先 〒354−0044
 入間郡三芳町北永井871−6 三芳団地2−207 白田方
 再稼働に反対する埼玉連絡会

 また、2月20日はデモ行進で県庁に向かうことにしました。
 2月議会初日ですので、県議会議事堂には全議員がいるはずです。
 県民の怒りの声をぶつけましょう!

 2月20日(火)(埼玉県議会初日)
 11時30分 浦和駅西口集合
 11時50分 デモ出発(駅前バスターミナル<中の島>より)
 13時    請願提出

この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
このページは359ページ中の1ページ目です。>>
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア