ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。

首相、防衛相が一番の「脅威」だ

 今日はオフ。
 1日、知らないうちにたまってしまった書類に目をとおしたり、整理したりします。

 さて、
 次から次へと出てくる文書、明らかになる新事実。官僚や圧力団体に、安倍内閣が見限られてきたのでしょう。

 獣医師会の面会記録に記載され「加計ありき」であることが明らかになった山本大臣発言もそうですが、稲田防衛大臣の度重なる不祥事、特に今回の「文書隠し」国会虚偽答弁にいたるや、もはや、、、。

 あの国やこの国ではなく、わが国の首相、防衛相の存在が、外交・防衛における一番の脅威です。一刻も早く、退いていただきたい。国会議員もやめていただきたい。

 ツイッターで「危機管理能力のないこういう人たちが首相、防衛相でも、どこの国も日本に攻めてこないということは、防衛費を削減して、福祉にまわしても大丈夫なんじゃないか?」というツイートを見つけ、思わず笑ってしまいました。

 似たことを、東日本大震災直後、活動日記に記したことを思い出しました。

 こちらです。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

みんなで社会を支え、変えねばならない

 働く若い仲間と「経済学入門」の読書会、学習会をしています。

 今日は 第5章 賃金の話

 労働力の価値はどのようにして決まるか、賃金は労働力の価格であって労働の価格ではない、といったことを学習。身のまわりの問題にひきつけて「経済的に厳しいから結婚や出産をためらってしまう」「女性の労働者が増えるのは、男性の賃金だけでは食べていけないから」といった切実な問題もかたられました。それが「自己責任」ではなく、社会のしくみの問題なのだと分析する糸口を語るのが、私の役どころなのですが、力量不足で、申し訳ないです。

 同世代以上の人たちとお話をすると、具体的な悩みとしては、どうしても医療、介護、年金、終活などの話が多くなります。

 この二つはつながっている。全体として、どういう社会のあり方を描いていくのかが問われていると思います。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

芸術・文化を生活の中に

 午前、勝呂公民館で、年中行事語り部の会「にっさい」スタッフの方と、公民館長と話し合い。10月4日夕刻からの「お月見の会」での坂戸ギタークラブによる演奏を正式に依頼され、お引き受けさせていただきました。恒例の行事で、毎年100人近い方がお見えになるとのこと。うーむ、気合入りました。

 午後、社会新報配達など。

 夜、川越で谷英美さんの、公演「東京タワー」を観ました。よかった!。川越の街、そして、知る人ぞ知る「川越スカラ座」の雰囲気に、よくあっていました。坂戸でも谷さんの公演を!。坂戸にも「スカラ座」を!。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「カブトムシ」とかけまして・・・


 カブトムシがたくさんいる木を発見した人から連絡をいただき、30匹頂戴しました。ありがとうございます。その木の場所へ行ったところ、いやあ、すごいのなんの。市内にこういうところがあるんですねえ。

 「なぞかけ」が浮かびました。「カブトムシ」とかけまして、森友・加計疑惑に関わる人たちと解きます。その心は「甘い汁のあるところに群がるでしょう」。ちょっとストレートすぎますね。「ひねり」がたりない。

 社民党の宣伝カーで街宣をしています。事実を、短い言葉で、わかりやすく、ユーモアのあるアピールができるよう、日々、考えています。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

郡山の子どもたちと遊ぶ人、増える(^_^)v


 入西地域交流センターで、郡山の子どもたちと遊ぶ会 主催の、集団宿泊活動「広げよう小さな輪2017in坂戸」の第3回実行委員会兼ボランティア説明会を行いました。坂戸市民を中心に70人を超える方が、ボランティアの「輪」に加わってくださっています。

 今日は、大量のたまねぎとじゃかいもの差し入れもいただきました。

 特に高校生、大学生の参加者の増えてくれたことが、とてもうれしいです。まとめ役のK君は、4回連続の参加です。今年も、共に学び、活動していきましょう。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「女性の力で政治を変えよう」集会


 久喜総合文化会館で開催された集会には、200人近い参加者がありました。

 福島みずほ参議院議員の国会報告は「よかった!」とたくさんの人が話していました。ジャスティスさん(写真)、玉木まさゆきさんの音楽も素晴らしかったです。

 社民党埼玉県連合ウェブサイト に、武井誠のツイッターでの報告を再掲しました。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

安倍内閣支持率、30%を割りこむ

 午前、夏の交通事故防止運動出発式。
 午後、半日、私用でオフ。
 夕刻から、久喜駅頭で、社民党埼玉13区予定候補池田まさよ県連合副代表と街頭演説。(下写真)

 時事通信が7〜10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率が前月比15.2ポイント減の29.9%となった最新情報を折り込みながら、池田副代表と「アベ政治を許さない!」と訴えました。

 明日は、久喜総合文化会館に福島みずほ参議院議員が来訪。「女性の力で政治は変えられる!集会」です。そのご案内チラシも配布させていただきました。

 こちらです。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

水をめぐる諸問題など


 1泊2日で、水道企業団議会の議会事務調査(県外視察)で静岡県に行ってきました。
 静岡市上下水道局、静岡県地震防災センター、焼津深層水ミュージアム、そして大井川広域水道企業団です。

 それぞれ、いい勉強をさせていただきました。水道企業団議員としての研修はもちろんですが、南海トラフ地震と津波の想像を絶する予想規模、そのとき浜岡原発は大丈夫か?、大井川上流の山にトンネルを掘ることになるリニア新幹線の影響、水源や浄水場を標的をしたテロ対策は?、などといったことも考えさせられてしまいました。

 浄水場には、静岡県知事の揮毫による「飲水思源」の文字が。「水を飲むときは常に水源地のことを思い感謝する」心構えを表わした中国のことわざとのことです。感謝するだけでなく水源地の安全を確保する大切さを忘れないようにしたい。また「目の前のことに右往左往せず、おおもとのところを考える」というのは、水の問題だけではないと思います。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

埼玉西部地区憲法講演会2017


 たいへん、よいお話を聴くことができました。ツイッターなどで発信した記録などを再掲します。

 東松山市市民活動センターにいます。憲法講演会の準備が完了しました。6時30分開会。久しぶりに半田滋さんのお話を聴けます。半田さんは雑誌「世界」の8月号で、自衛隊 配備をめぐる与那国島の状況を書かれていました。胸の痛くなる記事でした。

 憲法講演会開会。主催者あいさつをする社民党埼玉西ブロック代表の河井勝久嵐山町議。共謀罪法の強行採決に続き、秋に憲法「改正」発議、衆院選にあわせた国民投票を目論む安倍政権の暴走をとめよう、と訴えました。

 埼玉教職員組合の飯島さんから、比企地区で32回目を迎える「平和のための戦争展」について報告。毎年テーマを決める。今年は「日本国憲法」について展示する。8月4日から6日、東松山市立図書館で開催。

 加藤忠彦自治労比企支部執行委員長から活動報告。労働大学の学習誌「まなぶ」の学習会、講演会などを地道に開催されています。

 憲法講演会。東京新聞の半田滋さん「安全保障関連法で軍隊化する自衛隊」。南スーダン自衛隊派遣、内戦激化、その任務の変質。アデン湾の海賊をめぐるトラブルはなくなったのに、ジブチ自衛隊基地の拡大。国民のほとんどはこのことを知らない。

 2016年10月8日、稲田防衛相「ジュバは比較的落ち着いている」。とんでもない危機的状況であったことが明白になっている。おまけに稲田は南スーダンまで行ったが現地を見ていない。米艦防御の愚。日報隠し。内閣改造で円満に辞めさせていいのか?。外交努力という言葉を知らない安倍政権。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

埼玉県連合自治体部会

 県連合本部のある浦和の社会文化会館に、自治体議員、議員予定候補たちが集合し、自治体部会が開催され、参加しました。

 内容については、社民党埼玉県連合ホームページ活動レポートをご覧ください。

 こちらです。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
このページは340ページ中の1ページ目です。>>
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア