ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。

活動報告28号

 活動報告「小さな声が街を変える」28号を作成しました。

 こちらからお読みいただけます。(PDF)
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「城山の森」と太陽光発電設備


1月12日の朝日新聞と埼玉新聞に、太陽光発電設備設置に伴う山林の伐採が、希少植物「コクラン」「サワギキョウ」にあたえる影響についての記事が掲載されました。
 環境政策課に確認したところ、掲載内容のとおりであり、県の調査とも連携して対応を考えていきたいとのことでした。
 自然エネルギーへの転換自体は推進すべきものと考えますが、その際に配慮すべきことは何か、動向を注視していきます。

 新聞記事の拡大画像はこちら
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

核兵器禁止条約を坂戸市が応援!

 平和首長会議に加盟する坂戸市が「核兵器禁止条約」の早期締結を求める署名活動に取り組んでいます。

 市のホームページはこちらです。

 私の9月議会における一般質問に応える形で、掲載してくれました。

 それにつけても、尻尾を振るマスコミ関係者や芸能人とは会うのに、ICANの事務局長には会おうとしない安倍首相。私は、日程は調整できたと思います。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

今日は、オフ

 おはようございます。

 今日は1日、お休みをいただきます。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

いちゃりばちょーでー


 午前、社会新報配達。市長、教育部長と意見交換。学校給食を考える会定例会。
 午後、武井誠活動報告作成など。
 夕刻、東十条の国際興業労組「旗開き」に出席、あいさつ。

 帰路、ちょっとだけと思って立ち寄った池袋の居酒屋で、偶然となりにいた27歳の青年Kさん、Tさんと意気投合。沖縄出身の二人と話が「超」盛り上がり、来月も会おう!飲もう!と約束しました。いちゃりばちょーでー(一度会ったら兄弟)です。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

原発事故を忘れない!

 昨日は、9時30分からウエスタ川越で行われた「原発避難者と歩む@川越」の学習・交流会に参加しました。DVD「終の住み家を追われて」そして避難者の方たちのお話を聴かせていただき、事態の深刻さを再認識しました。特に、福島から避難して来て多くの困難を背負っていることを話すことができない、話すと学校でも職場でも地域でも、差別と偏見の目にさらされるという当事者の方たちのお話には、胸が痛みました。
 
 埼玉県議会の「原発再稼働を求める意見書」採択は、絶対に許せないという怒りが改めて湧きあがりました。参加者のみなさんもみな、怒っていました。

 私も、連帯の意思表明、共に闘う決意表明(写真)、そして県議会の意見書原文と、2月17日に坂戸市入西地域交流センターで開催する映画「日本と再生」のチラシを配布させていただきました。

 集会後、鎌仲ひとみ監督の「カノン便り4」を購入。

 午後から夜、埼玉教職員組合、JP労組埼玉の旗開き(新春の集い)であいさつ。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

学生ボランティアを讃える


 大宮で開催された、東武鉄道労組春日部支部の「旗開き」であいさつ、4月の春日部、久喜市議選での必勝を誓いあいました。

 午後、城西大学へ。ボランティア活動を行なった学生さんたちの報告会にお招きをいただき「郡山の子どもたちと遊ぶ会」を担ってくれた西村さん(写真)の発表を聴きました。「とてもいい体験をした。次回も参加したい」との力強い言葉に感激してしまいました。コーディネートしてくださった柳澤先生にも、こころから感謝します。

 他の学生さんたちの発表も、たいへん興味深く聴かせていただきました。また、会場で地域の支えあい活動をがんばる顔なじみの方たちともお会いできました。これからも、このつながりを大切にしていきたいと思います。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

教育改革への期待と不安

 おはようございます。熟睡して回復しました。今日は、午後3時からさいたま新都心で建設埼玉の新春のつどい、午後6時から地域の建設埼玉のみなさんとの新春の集い(太子講)です。


 さて、昨日NHKテレビの「あさイチ」で、学校教育を中心としたこれからの教育改革について取り上げられていました。
 中心の話題は「アクティブラーニング」でした。学校から先生の話を聴くだけという授業をできるだけ減らし、生徒同士で調べたり、話し合ったり、教えあったりする学習をメインにしていくという改革です。あわせてインターネットの活用も急速に進んでいくことになります。大学入試のあり方も変わります。

 期待感が表明される一方で、有働さんや、いのっちたちが、私たちの懸念や不安を、かなり的確に質問してくれていました。

・改革についていけない先生は、やめざるをえなくなるのではないか。
・ますます、先生が忙しくなるのではないか。
・家庭の経済格差が成績の格差に直結してしまわないか。
・学習指導要領の内容を教えきれるのか。
・根本的に、高校・大学の入試制度が変わらない限りだめなのではないか。
・移行期の学校の混乱が懸念される。

 放送ではほとんど取り上げられていませんでしたが、さらに小学校では「英語」「道徳」が教科となり、評価されることになります。私は、これについては、子どもにとっても教員にとっても、とても迷惑な、愚かしい改革だと思っています。

 私は次の3つを強調したいと思います。

・とにかく、もっと教育にお金をかけ、人を増やし、教員の雑務を減らすこと。仮にどんなによい教育改革でも、生徒と直接向かい合う教員が、忙しく疲れ切っていては、成功はおぼつかない。

・「受験」のための教育、受験産業の食い物にされる教育の改善。高校や大学を入学しやすく、卒業しにくい仕組みに変える。

・教科としての「道徳」で、人の心を評価するなどという大それたことはやめる。

 私たちに文部科学行政を任せていただきたいところですが(笑)それもかないませんので、当面、大人として、親として、現場の教職員としての心構えとしては、単純ですが、見下さず、おもねらず、謙虚に「子どもの声を聴く」ことから、すべては始まるのではないかと思います。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

明日、報告します

 午後から夜にかけて、東武鉄道労組東上支部団結旗開き、連合埼玉新春の集い、自治労埼玉県本部新春旗開きに出席しあいさつ。合い間に、県議会の「原発再稼働を求める意見書」採択に抗議する市民の会の記者会見後の会も傍聴させていただきました。

 朝、NHKの「朝いち」で、教育問題を取り上げていましたので、私の感想などをまとめようと思っていましたが、疲れてしまったのでともかく休みます。

 明日、報告します。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

国と県と市と区(自治会)はつながっている

 午前、スカイツリーの下の組合本部ビルで、東武鉄道労働組合の委員会に出席、あいさつ。18春闘勝利への激励と、福島(埼玉県議会の原発再稼働推進決議)、沖縄(相次ぐ米軍機の事故・不時着等)県民の怒りを私たちの怒りとし、私たちの闘いとして位置付けていくことを訴えさせていただきました。

 私のあいさつの後で、社民党埼玉県連合の幹事長であり、4月の選挙に向けてがんばっている東武鉄道労組の組織内議員川辺よしのぶ久喜市議が、あいさつと決意表明を行いました。内容は省略しますが、国、県、市、そして地域とのつながりの構造を見通しながら活動していることがうかがわれ、頼もしく思いました。

 午後、北大塚の正副区長さんと市役所へ。道路改良、拡幅の問題について担当課と話し合い。帰宅後「郡山の子どもたちと遊ぶ会」の花田代表と若宮中学校へ。2月17日の「日本と再生」上映会のポスター掲示依頼と中学生招待について校長先生と相談。その足で筑波大坂戸高校へ。昨年の宿泊活動のボランティアでお世話になった高校生と先生に映画「日本と再生」の紹介と招待。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
このページは356ページ中の1ページ目です。>>
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア