ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。

社民党埼玉県連合第24回定期大会


 全国連合から又市党首も駆けつけ、中央情勢報告と講演、実り多い大会となりました。

 写真は、川辺幹事長と代表の私です。体重も、貫録も、負けてる(>_<)。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

請願提出準備など

 午前、原爆絵画展チラシ原案作成。(下写真) 「坂戸市における同性カップル等の『パートナーシップの公的認証』に関する請願書」提出について、会派代表や総務文教常任委員、議会事務局、総務部人権推進課等に相談。
 
 午後、散髪に行く。

 夜、坂戸・鶴ヶ島地区ヒロシマ市民の描いた原爆絵画展実行委員会。若者の参加があり、元気でる。

 原爆絵画展チラシの拡大表示
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

同性等パートナーシップ公的認証請願など



 記事の全枠表示はこちら(PDF)

 家庭の事情で、1日活動日記をお休みしました。

 昨日は、午前に社会新報配達。4月から、第1、3週は「武井誠メールマガジン配布版」、第2、4週は「武井誠デイリーレポート配布版」を挟み込んでお配りしています。好評です。社会新報購読料は月700円です。

 夕刻から、川越駅東口前で「同性等のパートナーシップの公的認証」を求める請願の賛同署名活動、そのあと駅近くのバルで学習・交流会。とても楽しく、ついビールを飲んでしまって、車をおいて帰宅しました。
 なぜ楽しいのか?
 老若男女のバランスがいいこと、何よりも不当な差別・偏見に耐えてきた方たちなので、人の痛みがわかる人たちだからなのではないかと思いました。

 今日は、連合埼玉の政策フォーラム。大宮のソニックシティに140人近い組合役員、推薦議員が集まりました。
全体会の講演は慶應義塾大学の樋口美雄特任教授による「働き方改革と生産性向上」。午後は、昨年度の政策制度要求に対する県の回答報告と、4つの分科会、私はD分科会「市民の見守りで虐待から子どもを守ろう」に参加しました。会場の後方では昨日の請願賛同署名用紙が置かれ、多くの参加者が署名してくださいました。

 浦和の社民党県本部で、20日の定期大会打ち合わせを終えた後、大急ぎで坂戸駅へ。

 夕刻から、昨日の請願提出者とお連れ合い、そして我々夫婦でスタンディング、賛同署名要請活動を行ないました。

 今朝の毎日新聞に、今回の請願のことが大きく掲載されていました。(上写真)
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「憲法9条を守れ」の意見書など

 6月議会に「立憲主義を堅持し、憲法9条を守り、戦争しない日本をめざすことを求める意見書の提出に関する請願書」が提出される予定です。代表の村岡亘さんをはじめとする請願者の方々説明を受け、紹介議員となりました。

 憲法9条を堅持せよという主張には全く異論ありませんが、政治を私物化し、憲法99条の憲法尊重義務に違反し、立憲主義を踏みにじる安倍首相の姿勢が、まずもって許せません。

 午後、障がい者とその家族のためにグループホームをつくる必要性等について、関係者の方にレクチャーを受けました。

 明日は、川越でLGBTの方たちの請願をめぐる情報・意見交換の会に出席します。

 6月議会が近づいてきました。気をひきしめていきます。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「郡山の子どもたちと遊ぶ会」プロジェクトスタート


 昨日の実行委員会で、今年の取り組み、集団宿泊活動「広げよう小さな輪2018in坂戸」が本格的にスタートしました。郡山市教育委員会や、郡山市のNPOの方々に募集要項を発信しました。

 郡山の子どもたちと遊ぶ会のホームページをご覧ください。

 こちらです。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

休みます

 うれしかったこと、いやなこと、いろいろありましたが、なんとか、昨日の日記に記した日程を無事終了しました。

 今日はもう、休みます。

 明日から、また、がんばります。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

ゆっくりと、まとめなおします


 今日と明日は、いろいろなイベントなどが目白押しです。
 
 午前、孫3人の通う、山梨県南アルプス市「南アルプス子どもの村小中学校」春祭りを見学。いたく感動。改めて報告します。

 午後、坂戸市区長会総会出席。

 夕刻、若葉駅頭で請願者の斎喜さんと、坂戸市における同性カップル等の「パートナーシップの公的認証」に関する請願書への賛同署名を、お願いしました(写真)。

 夜、これから明日の「郡山の子どもたちうと遊ぶ会」実行委員会の準備をします。

 明日は、入西のソフトボール開会式、議会報告会、学童保育ほしぞらクラブ開所式、郡山の子どもたちと遊ぶ会実行委員会です。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「休む」ことも大切

 連続して2件、30代半ばの人から、職場の上司から受けるストレスで、出社・登庁するのがつらくなってしまったという状況を聴きました。どちらもまじめな人です。だから、なのかもしれません。

 五月病という言葉もありますが、ストレスフルな社会ですから、似た状況の人は多いのではないかと推測します。

 迷うことなく、心療内科の医師に診断書を書いてもらい「病休」をとることを勧めます。

 無理をすると、取り返しのつかないことになります。周りに迷惑が・・・なんて考えてはいけません。ともかく、早めに休むことです。その先のことは、私に連絡してください。一緒に考えていきましょう。もちろん、労働基準法番外地のような職場なら、あなたと共に闘います。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

教職員組合への誤解と偏見

 午前、埼玉退職女性教職員協議会総会であいさつ。
 夕刻、入間北教職員組合執行委員会。

 ある教員OGの方から自民党の県議会議員「くさかべ伸三の県政レポート」をいただきました。その中にこんな文章が。

 日本では医師・弁護士・政治家・教師など9時〜5時ではできない仕事が「先生」と呼ばれています。看護師は手術中大事な局面でも午後5時になれば夜勤者に交代するので、労働者に属すると考えられますが、外科医は交代できません。
 また外科医は自分が執刀した患者の急変時には、休みでも夜中でも駆けつけるものです
 学校現場では日本教職員組合が、教師を先生から労働者にしてしまった頃から学級崩壊が始まっていますが、そもそも9時〜5時の労働者に「いじめ」や「不登校」の対応ができるとは思えません。

 偏見と事実誤認、悪意に満ちたものと感じます。

 教職員組合として、抗議すべきではないでしょうか。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

「広報・広聴」の大切さ

 午前、戦争をさせない埼玉県1000人委員会が取り組んだ「安倍政権による9条改憲を許しません!戦争をする国にさせてはなりません!」の新聞意見広告掲載にご協力いただいたみなさまへの「ご報告とお礼状」、「武井誠デイリーレポート配布版」などの作成、発送・配達準備。

 新聞意見広告掲載「ご報告とお礼状」(PDF)

 午後、広報委員会。議会報告会の準備確認など。市内に連絡物を配達。

 今日は「広報・広聴」の大切さを考えながらの行動でした。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
このページは367ページ中の1ページ目です。>>
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア