ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。
<< 女性が少ない・・・ | デイリーレポートトップへ | とんだ初仕事 >>

強風の中で「メーデー」

 メインスローガン 
 すべての働くものの団結で「平和・人権・労働・環境・共生」に取り組み、
 労働を中心とする福祉型社会と自由で平和な世界を作ろう!

 サブスローガン
 社会の底割れに歯止めをかける!雇用を確保・創出する政策制度を実現し、働くものの生活を守ろう
 第81回メーデー!
 

 午前、大宮ソニックシティ前の鐘塚公園に5000余人の参加を得て、連合埼玉のメーデーが開催されました。
 開会1時間前から、会場周辺で社民党のチラシ、狭山事件のリーフの配布行動などに参加したのち、ステージ横の来賓席へ。ものすごい強風の中での、約1時間のセレモニーでした。
 特に印象に残ったのは、連合埼玉宮本重雄会長と、社民党埼玉県連の日森ふみひろ代表のスピーチでした。
 宮本会長は、市場原理万能の新自由主義がもたらした生活破壊の実態、そして非正規雇用を含めた労働者の統一と団結が今ほど求められている時はないと、明快な口調で堂々とスピーチをされていました。
 日森代表は、雨後の筍のようにあらわれた新党ラッシュを「小泉構造改革をさらに進めようという危険な動き」であると喝破。連立政権の成果を評価しつつ、「政治とカネ」の問題について民主党には説明責任があること、沖縄の米軍基地を県内でたらいまわしすることは許されないこと、なども、いならぶ民主党の国会議員の方たちを前に「びしっ」と発言。社民党の存在感が、参加者に伝わる手ごたえを感じました。

 午後、川越で参院選への取り組みについて事務局会議。

 2010メーデー宣言はこちらをご覧ください。(PDF)

 写真は、社民党地方議員と日森ふみひろ代表。左から岡野つとむ毛呂山町議、武井、日森、高橋つよし川越市議。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア