ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。
<< 鶴ヶ島市の議会事務局を訪問 | デイリーレポートトップへ | 「復活」のあいさつまわり >>

原発事故と戦争

 ご心配をおかけしたみなさんに、お礼のあいさつにうかがっています。あせらず、オーバーペースにならないようにと励まされています。ありがとうございます。

 さて

 「被災地で酷い光景を目の当たりにし、あるいは放射能の恐怖の中で、遺体の発見、処理など過酷な労働を続ける自衛隊員の心身の疲れが深刻、心的外傷のおそれも・・・」という報道をみました。
 現地で救援活動を続けられるみなさんには本当に頭が下がります。また、せめて衣食住や交代要員の確保など、政府の責任で十分な対策を行うべきであると思います。

 しかし、戦争になるというのは、まさにそういう中で行動するということです。それがいかに耐えがたいものであるかが、いみじくも震災で明らかになったとも言えるのではないでしょうか。
 つまり、原発事故も、戦争も絶対に起こしてはならない。「もし、そうなったらどうするか」という問題の立て方自体が誤りで、取り返しのつかない事態になる前に、なんとしても他の道を見つけなければならない。

 私たちが、原発に反対し、また憲法9条を守らねばならないと考える所以です。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア