ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。
<< 補正予算案、可決 | デイリーレポートトップへ | 鴨ももよ 国会へ行こう会 >>

「原発事故子ども被災者支援法」陳情採択

 総務文教常任委員協議会で「原発事故子ども被災者支援法」に基づく具体的施策の早期実施を求める意見書の提出を求める陳情書が、全会一致で採択されました。
 陳情の趣旨を尊重し、坂戸市議会として国会と内閣、担当省庁に意見書が送付されることになると思います。
 私は、陳情の取り上げを要請し、今日は委員外議員として、避難者のおかあさんたちの思いを代弁し、委員みなさんに陳情の趣旨を説明しました。全会一致の採択となり、正直、ホッとしています。

 陳情の内容を、改めて紹介します。

 件名 

 「原発事故子ども・被災者支援法」に基づく具体的施策の早期実施を求める意見書の提出を求める件

 陳情の理由

 福島第一原発事故から2年が経過したが、今なお全国に多数の避難者がおられ先の見えない生活を余儀なくされている。
 昨年6月に成立した「原発事故子ども・被災者支援法」の「基本方針」を、早期に策定し、住宅、保育、教育、子どもの健康、二重生活等避難生活に関わるさまざまな問題を解決するため、具体的施策の早期実施を求めるよう国に意見書を提出していただきたい。

               ここカフェ(避難者交流会)代表 伊藤千亜


 ※関連記事
 「ここカフェ@東武東上線」ご案内 (4月23日デイレポ)
 「放射能から福島の子どもたちを守る」石川清坂戸市長(5月12日デイレポ)
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア