ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。
<< 「福玉便り」 | デイリーレポートトップへ | 原発事故と向き合う1日 >>

「福玉便り」2

福玉便り2 午前、市役所で一般質問などのヒアリング。
 午後、相談を受けた方のお宅などを訪問したのですが、いずれも不在で、名刺を置いてきました。
 夜、入西地域交流センターで、西清掃センターの改修工事の説明を受けました。

 さて昨日、発送を手伝い、数部いただいてきた「福玉便り」の「2014春の号外」を、じっくり読ませていただきました。ていねいな取材で、被災者・避難者の方たちの声がていねいに伝えられていました。涙がこらえきれませんでした。是非、たくさんの方に読んでいただきたいです。順不同で、ほんの一部を紹介させていただきます。

 福玉便りの拡大表示はこちら

・現在、埼玉県内避難者は5885人以上。坂戸市には96人以上。
・自治体ごとの支援のばらつき。
・帰りたいが帰れない。次の生活に進みたいが進めない。
・県内に、災害公営住宅建設を。
・「兵糧攻めにあってあきらめた」「避難者と言われるのがつらい」
・交流会、豪華なイベントは、ありがたいが、そのあとも日常は続く。
・自主避難者の苦悩。さまざまな軋轢、差別。
・福島の子どもたちのことを考えてほしい。
・何をゴールにして活動していくか。
・借り上げ住宅、いつまで住めるかとても不安。
・子育ての苦悩。放射能の恐怖。孤独感。
・素晴らしい自然環境を失ってしまった喪失感。

この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア