ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。
<< 良い芽が摘まれ、悪い芽が育った「アベ政治」 | デイリーレポートトップへ | 爆笑し やがて腹立つ アベ政治 >>

その場に行く、その場にいる大切さ


 午前、久喜市で選挙の近い川辺よしのぶ市議の応援行動。
 午後、地域で「9条改憲NO!」3000万署名訪問行動。多くの署名をいただきました。また、政権の日報隠しや公文書の改ざんなどに対する怒りの声、社民党への激励を多くいただき、勇気がわいてきました。

 直接その場に行く、その場にいるというのは、エネルギーも使いますが本当に勉強になります。書物だけではわからないことを実感できます。

 昨日の、首相官邸前の抗議行動もそうでした。今、行動しなければという危機感で集まった人々。ソフトに、しかし過剰に集会の邪魔をするすごい数の警官たち。私は、政権が民衆の怒りの結集を恐れていることの裏返しだと感じました。国会議員の激励。弁護士の応援。固有名詞になりますが医療救護班で頑張る香山リカさんや、あのSEALDSの奥田愛基さんともすれ違いました。

 国会周辺に、人の集まる空間が解放されていません。抗議する人々も、警官も、延々と歩道に列をつくることになります(写真)。地下鉄出口での過剰な規制もあったとのことです。民意を表現する場をつくらせないという意図を感じます。しかし、それでも人は増えるばかり。ペンライトを振りながら「うそをつくな!説明しろよ!隠ぺいするな!」とシュプレヒコールをしてきました。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア