ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。
<< 「広報・広聴」の大切さ | デイリーレポートトップへ | 「休む」ことも大切 >>

教職員組合への誤解と偏見

 午前、埼玉退職女性教職員協議会総会であいさつ。
 夕刻、入間北教職員組合執行委員会。

 ある教員OGの方から自民党の県議会議員「くさかべ伸三の県政レポート」をいただきました。その中にこんな文章が。

 日本では医師・弁護士・政治家・教師など9時〜5時ではできない仕事が「先生」と呼ばれています。看護師は手術中大事な局面でも午後5時になれば夜勤者に交代するので、労働者に属すると考えられますが、外科医は交代できません。
 また外科医は自分が執刀した患者の急変時には、休みでも夜中でも駆けつけるものです
 学校現場では日本教職員組合が、教師を先生から労働者にしてしまった頃から学級崩壊が始まっていますが、そもそも9時〜5時の労働者に「いじめ」や「不登校」の対応ができるとは思えません。

 偏見と事実誤認、悪意に満ちたものと感じます。

 教職員組合として、抗議すべきではないでしょうか。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア