ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。
<< 災害対策本部は解散していなかった | デイリーレポートトップへ | 12月なんですねー >>

「現場主義」


 坂戸市議会は、市政一般質問2日目。4人の議員が質問しました。終了後、広報委員会。

 夕刻からは、ウエスタ川越で「埼玉西部地区憲法講演会2019」。今回は東京新聞社会部記者の望月衣塑子さんの講演でした。私は、彼女のお話をうかがうのは2回目ですが今回も素晴らしかったです。
 中村哲さんへの追悼にはじまって、「桜を見る会」、菅官房長官との攻防、沖縄、そしてトランプの言いなりになる安倍首相の醜態など、政権の腐敗と闘うジャーナリスト望月さんの思いがストレートに伝わってきました。
 130人余りの参加者で会場はほぼ満席になりました。実行委員会のメンバーとして閉会あいさつをしたのですが、みなさん満足そうな表情をされていて、うれしくなりました。
 帰宅して、NHKの「クローズアップ現代+」では緒方貞子さんの特集をしていました。

 中村哲さん、緒方貞子さん、望月衣塑子さん、共通するのは「現場主義」。現場を知っている人の言葉は説得力を持つということを実感しました。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている最新記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア