ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。
<< コロナ感染情報、対策など | デイリーレポートトップへ | 坂戸ギタークラブ「オンライン」で復活 >>

破綻 〜語るに落ちる〜

 先ほどのニュースです。

 西村大臣は小池都知事らと会談し・・・14日、東京都で報告された新規感染者47人のうち20人以上が夜の街からだったことについては「店全体で検査するなど前向きな取り組みの結果」だとの認識を示しました。その上で、19日に予定されている夜の街の休業要請の全面解除を直ちに変更する考えはないとしています。 

 何気なく話しているうちに、うっかり本当のことを言ってしまうことを「語るに落ちる」といいますが、これがまさにそうだと思いました。つまり「前向きな取り組み」がもっと増えれば新規感染者数もさらに増えるということです。「緊急事態宣言」「東京アラート」「ステップ●●」などの根拠となる数字が、全くあてにならないということにほかなりません。

 本当のことがわからない、それが人々の不安と恐怖を増幅し、偏見・差別的行動へとエスカレートしていきます。

 改めて

・(それが、どのような数字になろうとも)検査を徹底的に行う。
・無症状、軽度の感染者にていねいなケアを行う。
・「自粛」にたいする手厚い補償を行う。
・医療関係者はもちろん、様々な職種で奮闘する人への手厚い支援。

 これらを、市、県、国に求めていきます。情報、ご意見をお寄せください。

 ※活動日記に掲載したコロナウイルス関連記事をまとめて紹介しています。
 ⇒ 武井活動日記・ウイルス関連記事一覧ページへ
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
左に表示されている最新記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア