ホーム 活動日記 活動予定 プロフィール お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです

武井誠・デイリーレポート(活動日記)

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
デイリーレポートトップへ(最新記事ページへ)
昨日 今日 累計 活動日記をお読みいただき、ありがとうございます。

脚本家 太田 愛 さん

 午前、武井誠活動報告「小さな声」26号、ほぼ完成。
 夜、坂戸・鶴ヶ島地区原爆絵画展実行委員会。深刻な市民相談1件。

 さて、昨日の続きです。雑誌「世界」6月号の特集 共謀罪と「監視国家」日本。「介入と忖度」というテーマで行われた、脚本家の太田愛さんと早稲田大学水島朝穂教授との対談を、一気に読んでしまいました。太田さんの魅力を水島さんが引き出す、という感じの対談でした。

 太田愛さんは、平成の「ウルトラマン」シリーズや、ドラマ「相棒」などの脚本を手がけられた方です。存在を知らなかった不明を恥ずかしく思いました。

 時間があったら、太田さんの小説「犯罪者」「幻夏」「天上の葦」を、読んでみたいと思いました。

 彼女が書いたとは知らずに「相棒 劇場版」を観た私の感想は、こちらです
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

必読 吉田千亜レポート

 今日は、終日デスクワーク。武井誠活動報告作成。3ページ完成。明日には印刷に。
 夕刻、教職員組合入間支部執行委員会。

 さて、雑誌「世界」6月号が届きました。
 特集 共謀罪と「監視国家」日本 など読みたい記事はたくさんありますが、一番初めに吉田千亜さんの短期集中連載「原発事故7年目に問われる『復興』第3回事業者賠償の現実」を読みました。渾身のレポート。原発被災者の無念の思いが伝わり、国と東電への怒りが再燃しました。いや、こういう言い方は正確ではありません。元東電社員で被災者との損害賠償交渉の窓口交渉で心身を病み、休職した若い担当者も登場します。国にも東電にも、現場には良心的な人もいて、良心的な人ほど悩み、つぶされていく。糾弾されるべきは、あの今村前復興大臣に象徴される権力の上に胡坐をかく者たちであることがリアルに伝わりました。

 千亜さん。GOOD JOB! です。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

非正規公務員の現在


 チラシの拡大表示はこちら

 埼玉西部地区地方自治研究会から、定例学習会の連絡が届きました。
 私も、会員の一人です。
 今回のテーマは「非正規雇用公務員の現在 深化する格差」です。

 例えば、図書館の非正規雇用激増の実態について次のような記事を見つけました。

 こちらです。

 民間を含め、他の職種についても同様のことが言えます。
 
 どなたでも参加可。
 あなたのご来場をお待ちしています。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

だめだ、涙もろくなっちゃって

 朝「ひよっこ」。働く仲間の喜怒哀楽に、毎朝、涙腺ゆるんでます。
 午前、近所の方の告別式に参列、市役所で議会事務局と事務仕事。その後市民要望を担当課に。人権擁護委員の方たちにも相談にのっていただきました。
 午後、勝呂公民館へ。ギタークラブの照明・音響担当の方と「年中行事語り部の会」と「坂戸ギタークラブ」のコラボによる「お月見の会」の会場下見。夜の講演準備。

 夜、東武鉄道労組東上支部で「川越地区青年団結集会」。複数の労組青年女性部の若い仲間たちに招かれ、記念講演をしました。会場には東武労組の各分会が製作した壁新聞が数十枚、毎年見させていただいていますが、今年もそれぞれ個性的で、素晴らしい取り組みでした。


 ギター持参。私の記念講演は「ヒロシマのある国で」でスタートし「沖縄を返せ」で締めました。憲法の危機、共謀罪の危険性、そして教育の恐ろしさと素晴らしさなど、60分間、一生懸命話させていただきました。鋭い質問が出て、予定の時間を超過してしまいました。とてもうれしかったです。

 机を並べ替えて懇親立食パーティ。各テーブルをまわり、いろいろなお話ができて、大変楽しく有意義でした。

 再びギターのご指名を受け「翼をください」と「ケ・サラ」を。どちらも、この歌を「十八番(おはこ)」とする青年からのリクエストで、彼らと歌唱をリード。演奏後、大拍手の中で、彼らと固い「ハグ」。実行委員長の「感動しました」の言葉に、うるっとしてしまいました。

 再会を約し「団結ガンバロウ」で閉会。

 いい夜でした。

 明日は1日、活動日記をお休みします。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

リフレッシュ

 昨日は、今日の読書会と明日の講演の準備をしました。
 今日は、午前、学童保育「ともだちクラブ」入所式。
 午後、坂戸ギタークラブの練習。
 夜、社民党坂戸総支部会議、市民相談1件。

 昨夜は、ビール1杯で「沈没」。活動日記も書けず朝まで爆睡してしまいました。

 疲れたときは睡眠が一番。また、熟睡できるのはストレスがたまりすぎていない証拠かとも思います。リフレッシュしました。連休が終わります。課題山積ですが、また、がんばります。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

憲法フォークジャンボリーin彩の国2017(動画)

 憲法フォークジャンボリーin彩の国2017に参加、3曲歌わせていただきました。

 動画1は、1曲目、キャンプファイヤーの定番「燃えろよ燃えろよ」。
続いて、原発事故について、そして、坂戸で取り組んでいる「郡山の子どもたちと遊ぶ会」についてお話ししました。

 動画2は、2曲収録。
2曲目。郡山の子どもたちと遊ぶ会で、最初に歌う曲、曲名は「出発宣言」です。
最後に、アメリカのプロテストソング、We shall overcome 、無事終了ほっとしました。





 関連リンク:郡山の子どもたちと遊ぶ会ホームページ

 明日は活動日記をお休みします。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

憲法集会に、55000人


 有明の東京臨海広域防災公園で開催された憲法集会に、参加してきました。
 ツイッター等で、リアルタイムのレポートをしましたので、どうぞご覧下さい。

 一番感動したスピーチ。落合恵子さん。

 一番つらかったこと。私たちのデモ行進に、右翼?の若い女の子がつきまとって、ヒステリックにヘイトスピーチをし続けたこと。痛々しくて、どういう教育を受けてきたのか、教員OBとして責任を感じました。

 楽しかったこと。デモ行進後、池袋で大学時代の旧友8人とホッピー飲めたこと。

 うれしかったこと。帰宅後、今日つきあってくれた孫たちと花火をしたこと。
 
 集会参加者55000人、今日の私の歩数計14244歩(^_^)v。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

明治 なるほどファクトリー へ あなたも

 午前、ホームページ担当のYさんと打ち合わせ。議会事務局で政務活動報告書の不備を修正。入西地域交流センターで坂戸ギタークラブ活動日の部屋予約。
 午後、若宮中学校PTA総会。
 夜、明後日の「憲法フォークジャンボリー」にいっしょに出演する友人と夕食、打ち合わせ、練習。

 さて「郡山の子どもたちと遊ぶ会」で工場見学をお願いしていた株式会社明治の担当の方からメール。7月31日10時から90分の工場見学を確認できました。

 上限120人で、郡山の子どもたち以外の見学も歓迎とのことです。無料です。ご希望の方は、武井までご連絡ください。

 工場見学のご案内はこちらです。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

元気出ました!

 午前、メールマガジン発信。社会新報配達。議会報告会打ち合わせ。
 午後、あいさつまわり。
 夕刻、ヒロシマ市民の描いた原爆絵画展第1回県実行委員会。

 発信したメールマガジンに、こんな返信をいただきました。
 元気が出ました。ありがとうございます。

 月2回のメールマガジン、いつも強い関心をもって
 読ませていただいています。

 まずは、社民党埼玉県連合の代表、
 就任おめでとうというのが
 本来の筋でしょうが、
 ご苦労さまですという言葉の方が
 しっくりいくのは、なんとも歯がゆい感じですね。

 でもこれからは、一歩一歩、前進あるのみです。
 行動力と勉強家、それに庶民感覚を人一倍お持ち合わせの
 武井さんならではのご活躍に期待するばかりです。

 言葉は、思想だと言われます。
 人を激励し、元気にしてくれますが
 使い方やTPOを間違うと、他人を大きく傷つける結果となります。

 それにしても、安倍内閣の閣僚の発言力のなさ、
 人間的に余りにも他人を見下す発言、
 人の痛みを感じられない振る舞い、
 即退陣以外にありません。
 怒りを通り越してあきれ返るばかりです。

 ご健闘を祈念します。


 追伸

 俳句をたしなまれるご高齢の視覚障がい者の方からはこんな作品がメールで。
 これも、なんだかホントに元気出ました。
 しぬ ゆーき いきる ゆーきに かえて ゆけ








武井メールマガジンは、月2回、1日・15日に配信いたします。

全メールバックナンバーをお読みいただけます。


メールマガジン配信申し込みはこちら
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ

まだまだ訴えがたりない


 毛呂山町の岡野町議とともに、坂戸・鶴ヶ島地区のメーデーに参加しました。写真は、デモ行進に出発する前の「団結がんばろう!」です。地域の社民党を代表して、連帯のあいさつをさせていただきました。「共謀罪」の危険性について訴え、共感をえられたという手ごたえは感じました。しかし、、、、。

 夕刻から、教員を定年退職されたAさんと、準看護学校に合格し、通学のはじまったKさんの、お祝いの会。和気藹々の楽しい集いではあったのですが、近況を語り合う中で、私たちの輪の外にいる多数の方が「共謀罪」の存在すら知らない、ということがわかり、改めて慄然としました。

 中学生のころだったでしょうか。かつての日本が戦争につきすすみ、反対すると弾圧、拷問を受け、そしてすべてを失った歴史を学んだ時「こんなひどい状況になるまえに、なぜ止められなかったのか」という疑問がわきましたが、今の状況がその答えだったのかと、背筋に冷たいものが走りました。

 しかし、あきらめるわけにはいきません。
 なんとしても廃案にするべく、さらに力を尽くします。
この記事のみを表示し前後に移動
デイリーレポ記事へのご意見・お問合わせ
<< このページは335ページ中の2ページ目です。>>
武井誠・活動レポート
デイリーレポート(活動日記)
ツイッター
フェイスブック
ツイッター通常表示はこちら
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア